スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

昆虫観察

2010/07/31 Sat 11:12

毎年、梅雨が明けると一斉に蝉が鳴きだして
夏が来た~!って感じるんですが、
今年は、あまり蝉の声って聞かない気がしませんか?

朝から陽の光と共に“ミーンミーン………”
ってうるさいくらいなのが、鳴き声も元気がないし。

異常気象の影響なのでしょうか?


それでも、樹の多い公園では頑張っていました


朝6時半頃、
羽化するために木に登り始めた幼虫



おいおい、これから羽化するの遅くない?


方や、脱皮したばかりの蝉
まだ羽が白いですね~
201007310705000c.jpg


蝉って、羽化の最中に敵に襲われないように
夕方頃から木に登り始め、夜から夜中までに
羽化するらしいのですが、

2枚の写真は、朝の6時半。

出遅れちゃったんですかねぇ?



昆虫付いている我が家。

とある方面から、カブトムシの雄雌つがいを頂きました。
息子の情操教育にいいかなぁと思い。

P1020435.jpg

P1020433.jpg


ですが私、羽があって飛ぶやつ…
昆虫とか嫌いなんですよねぇ。


飛ぶと言っても、小鳥は大丈夫。飼っていたし。

いや、子供の頃は、蝉だってカブトムシだって
大丈夫でした。

捕ったり、触ったりもしましたよ。

でもねぇ



以前、カマキリが私の肩にとまった事があって


そんな事があっても、

「何~だ、怖くないよ」と言って取ってくれるような

たくましい子になって欲しいという思惑もあるのですが、

私が、キャーとかヤダーと言っちゃうし、

都会っ子なので息子も怖がるのです。



先日も、自宅の外階段に仰向けになった蝉がいて…

蝉って死んでいるのかと思って近づくと、
バタバターって凄いじゃないですか!

息子と二人で、階段を昇れず炎天下で途方に暮れていて、

通りがかったおじいさんに、

「蝉が階段の所にいるんですけれど…」と、
 除けるのをお願いしようとしたら、

「おお、どれどれ」と来てくれて。


「あっ!ボク、ごめんね。逃げて行っちゃった」

いえいえいいんです、逃げてくれて


蝉を捕まえてくれようとしたおじいさんは、

喜んだ私と息子を少々呆れ加減で、

「ボク、蝉は怖くないんだよ~」と。

はい、ごもっともなんですが、

嫌いなものは、やっぱり嫌いなんですね


そんな私でも、カブトムシだったら籠の中に

いるだけなら飛ばないからと思いきや、

「お世話よろしくね!」ってパパが。

えぇお世話って、何?

小鳥じゃないんだもん、

パパが帰宅してからだって問題ないでしょーが。


これって、やっぱり母の仕事なのでしょうか?









日々の事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 病院通い | HOME | ご褒美 »

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。