スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

補修

2009/04/26 Sun 00:47

下ろし立てのズボンをはいて出掛けた途端、
スライディングして大きな穴。



そういう時、なんで転ぶかなぁ

まぁ、安いズボンだったのが幸いですが…

でも、このままはかせるのもかわいそうだし、
買ったばかりでお蔵入りも勿体無い。
それに穴が開いているのが気になるのか、
息子はいつも、指を入れてさらに穴を大きく
しちゃうので、繕うことにしました。

“繕う”って今じゃ死語に近いですね


以前同じような時、アイロンで補修するワッペンで
直したんですがイマイチだったので、
アップリケ調にしてみました。


ズボンの穴が隠れるような大きさに
モチーフを作ります。
P1010509.jpg

↑ 似てないけれど一応ライオン

左が裏側用、右が表側用の二枚を用意し、
それぞれ裏に接着芯を貼ると、切りっぱなしでも
ほつれてきません。
多少のほつれはありますが、気になるほどではないし、
それもまたシャビーな感じでいいと思います。


P1010512.jpg

そして表側にアップリケして、裏側の同じ位置に
もう一枚を縫い付けるだけ。
形が複雑でなければ、表裏同時につけられるでしょう。


それにしても、穴が開いたズボンや繕ったものを
はいているお子さんを見たことないのですが、
みんなどうしているんだろうか?

捨てちゃうのかな?
それとも、こんな穴が出来るような転び方しないの?

今回は生地が薄めって事もあったけれど、厚手でも
ちょこちょこ転ぶうちに大きい穴できちゃうんだけどなぁ…





日々の事 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。